E-ラーニング

Fetal Medicine Foundation (FMF) には、6つのオンラインコースがあります。
これらは全て無料で受講することができます。
それぞれのコースを受講したものには、修了証を発行しています。
また、それぞれのコースの修了は、FMFの技能証明ライセンスを取得する上で必須となります。

11-13週超音波検査

コースの内容

  • 正確な妊娠週数の算定

  • 多くの胎児大奇形の早期診断

  • 多胎妊娠の診断(膜性診断)

  • 染色体数異常のリスク評価(NT, DV, NB, TR, cfDNA test)

胎児奇形評価

このコースでは、稀な疾患から一般的な疾患まで幅広く、疾患頻度、胎児期超音波所見、関連する異常、精査、管理指針、予後、再発リスクについてまとめる。

妊娠高血圧腎症リスク評価

コースの内容

  • 妊娠高血圧腎症の背景、定義、頻度、臨床意義、病態

  • 妊娠高血圧腎症の予防(床上安静、栄養管理、低容量アスピリン)

  • 妊娠高血圧腎症の発症予測方法

  • 妊娠初期・中期・後期それぞれにおける妊娠高血圧腎症スクリーニング方法

  • スクリーニング後の妊娠管理方法

出生前サーベイランス

コースの内容

周産期死亡・後遺症の予防を目的として以下の内容を学ぶ。

  • 疾患別、母体リスクファクターの理解

  • 母体疾患の臨床経過についての理解

  • 胎児疾患の臨床経過についての理解

  • 胎児の解剖学的評価

  • サーベイランスに関連した検査の正確な施行と解釈

子宮頚管長評価

コースの内容

  • 子宮頸管長を測定する技術的な面

  • 早産予測への臨床応用

  • 正期産予測への臨床応用

胎児心エコー

3つの異なるコースから成る。

1.  胎児心エコー総論

2.  胎児心奇形

​3.  FMF-FASP心エコー

©2019 by The Fetal Medicine Foundation Japan.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now